>↓↓↓★まずは無料講座で飲食店の売上アップ★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』のおためし↑↑↑

天ぷらレポート グルテンフリー
↑↑↑◆WCBギャラリー 無料でお得な情報をゲット!!◆↑↑↑   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覆面潜入捜査!シドニー、オズマーケットの実態調査

先日、日本と言わず世界中でも話題になった

OZ Harvest Market (オズハーベストマーケット)にパートナーと2人で行ってきました。


http://www.ozharvest.org/what-we-do/market/

WS000200.jpg


WS000201.jpg


場所は、シドニー中心地から少し離れた場所、
サリーヒルズやレッドファーンよりもっとビーチ側(ボンダイとか方面の)
ムーアパークと呼ばれる、スタジアムや映画館などがある場所から近いところにあります。

<住所>

Warehouse G3/G4, 46-62 Maddox St, Alexandria NSW Australia 2015


電車は無く、車かバスでしか行けない場所で、
今回私は、GoGetというお気軽に車をレンタルできるサービスを使って、オズマーケットまで行きました。

さて、このオズマーケット。なにがすごいのかというと、
そこには様々な食材が置いてあるのですが、スタッフが全員ボランティア。


そして、そこにある食材は、すべて募金制。

つまり、実質無料に近い形で、食材をゲットできるのです。

そのため、近隣に住む低所得者の方が開店の朝10時前から行列を作って待っているのですが、


本来オズマーケットの趣旨、目的は、
余って賞味期限が近い、または廃棄されるようなC級食材をもらい受け、それを必要な人に渡すという、

本来、まだ食べられるのに、捨てられてしまうような食材たちを救済するために出来上がった施設でもあります。


日本でも、コンビニ弁当など、1秒でも賞味期限が過ぎると廃棄されてしまいますが、
そんな、もったいない精神のある日本が、
毎日大量の食糧を捨てているという勿体ないことをしているので、

ぜひ日本にできるのであれば取り入れてほしい施設だと個人的に思っています。


さて、そこには開店10時過ぎに到着しましたが、
すでに店内は人がいっぱいで、入場制限があるらしく、
10~15分ほど、外で待つことになりました。


ガラスばりだったので、中の様子はチラッと見えましたが、どんなシステムなのか想像つきません。

また、片方の部屋では、お客さんがたくさん集まって、何やらもぐもぐパンとかを食べています。

、、、


さて、遊園地のアトラクションを待つようなドキドキの心境で、
ついにOZ Harvest Marketのドアが開きます。


入り口の案内

WS000202.jpg


なんと各国で訳された説明書きもあります。

WS000203.jpg


日本語では、、、

『こんにちは 私達のマーケットに有る全ての食料は、救援または寄付された物です。 分け合う事は、大切です。 だから、貴方が必要な物は、 どうぞお持ち帰りください。 また、もし貴方が供給出来るならして下さい。』


このように書かれていました。



まず、セキュリティーのお兄さんが待ち構えていて、番号札を渡してくれました。


NO.8でした。


そして、黄色い服を着た店員さんが、簡単な説明をします。

「今日初めて、来た人は?」
の質問に手を挙げたのは私達2人だけ

なんと他に10人ほどいましたが、全員リピーターでした。

みんな大きな買い物バッグを持っています。


まず、番号札の若い順に呼ばれ、1人ずつ順番に店内を回るのですが、

なんと、お客さん一人に店員さんが一人横について、
最後にはお会計(袋詰め)までその店員さんにしてもらうという至れり尽くせりのシステムです。


なので、番号札が呼ばれるまで、その他の人は別室で待機です。


WS000205.jpg


WS000207.jpg


WS000208.jpg


WS000204.jpg


その別室にはたくさんの食糧があり、
飲み物もコーヒー、紅茶、お茶、水、牛乳、スムージーなどたくさんの種類があり、
また、ポテトチップスやパン、マフィン、バターやベジマイト、ジャーキー、ハムなど、食べ放題です。

ちょうどお腹がすいていたので、呼ばれるまでずっと食べていました(笑)

そして、番号札8番が呼ばれ、
黄色い服を着たアジア系のおばちゃんが私の横についてくれました。


スーパーのように陳列されている食糧は、
そのほとんどが、取って良いのが1種類1つのみです。

それらをスタッフのおばちゃんはひとつずつ私に「これいる?」「あれ必要?」と聞いてくれ、「欲しい」といえば、それをどんどん買い物かごの中に入れてくれます。


WS000215.jpg


WS000214.jpg


WS000218.jpg


WS000212.jpg

 

私が、もっと欲しいと言って、たくさん取ろうとすると
「一人一個だけの決まりだからだめ」と言われました。


ただ、特定の大量にある食材に関しては、どれだけでも持っていっていいよというスタイルでした。
食糧の他には、試供品サイズのシャンプーや美容液、軟膏など、生活必需品も数多くあり、
それらは、一人2個までと書いてあったので、私はワセリンを2個もらいました


WS000221.jpg


WS000225.jpg


WS000224.jpg


WS000219.jpg


そして、5~10分くらいかけて店内を一巡し、
ほしいものを片っ端からもらう頃には、買い物バックはあふれんばかりの量になっていました。

その後、持参していたマイバッグに食糧を詰め込み、清算です。


目の前に募金箱があり、好きなだけお金を入れます。

私は財布に入っていた小銭を全部入れました。

でも、$5にも満たなかったですが、、、(笑)


その$5以下で手に入った食材たちがこちら、、、

<写真をクリックしてください>

WS000228.jpg


これだけあれば、軽く1週間近くは生活できそうです!(^^)!


中には賞味期限切れの食材もありましたが、ジャムとかの加工品だったのでぜんぜん食べられる状態です。

これら食材を、普通にスーパーなどで購入しようと思ったら、おそらく少なくとも$50はするでしょう。


また、手に入れた大量の食材を運ぶためには、車があった方が便利ですね。


一度、体験するだけでもなかなかの衝撃を受けると思います。

ビジネスの面でも環境やサスティナビリティとか考える面でも、考えさせられることが多々あります。


ぜひ、興味があれば訪れてみてください。



スポンサーサイト

シドニーで立てこもりテロ事件が起こりました、、、

私の身近で本当に起こったことです。

ご存知の方も多いと思いますが、

2014年12月15日(月)午前9時30分ごろ

シドニーのマーティンプレイスという場所のリンツカフェで
テロが立てこもりました。

WS000820.jpg

私は、そこから約2kmほど離れた場所で働いていましたが、
通勤途中、やけにポリスカーが多いなーと思っていましたが、
まさかこんな大事件になっているとは思いませんでした。


しかも立てこもりしているリンツカフェの店は、私は何度も訪れたことがあります。

リンツは言わずと知れたチョコレートのメーカーのリンツで、
そこで、チョコレートを使ったケーキやホットチョコレートなどの様々なものが売って
店内でも食べることができます。

ここは、シドニーでも大きなビジネス街や繁華街が多い場所で、
かなりの人通りがあります。

そんな身近な場所で立てこもりテロが起こるとは、、、

シドニーの日本領事館からも、たびたびテロに気を付けろ的な
メールが届いていましたが、
本当に起こるのか?などとかなり楽観視していましたが、今回ばかりはマジで驚きました。

<突入の際の激しい銃撃戦の様子>


事件当初、

電車の一部や交通規制がされたため、

私の職場(レストラン)では、
ディナーの予約の半分はキャンセルとなり、

シドニーのほとんどの会社や学校は早々に閉めて、みんなを家に帰りました。

しかし、飲食店である私の職場は
半分以上のお客様がキャンセルしたにもかかわらず普通に営業しました。

で、周りのレストランもいくつかは営業していましたが、
人通りは少なく、スタッフみんなは絶対ヒマだろうと思っていましたが、
ところが、以外にも忙しかったのです。

というのも、近辺のホテルに泊まっている人たちが、
どこにも行けなくなったため、近辺で営業しているレストランで食事だけでも済まそうと
思う人が多く、
思った以上にバタバタしました。


結局終わりは夜の11時ごろになっていましたが、まだテロの立てこもりは続いて、
あいかわらず警戒態勢が引かれていて、

帰りの人通りは普段は、夜中でもそれなりににぎやかな場所なのに
今日に限っては、誰もいないゴーストタウン化していました。

<立てこもりテロの犯人MONISの動画>


と言う流れで、

実は私の住まいはそのテロ立てこもりのある場所から徒歩20~30分ほどの近い場所ですが、
家に帰ってから、
どのテレビのチャンネルも同じことを報道していました。

WS000821.jpg


そして結果、、、

夜中の2時過ぎにポリス部隊が突入したのですが、

激しい銃撃戦があり、犯人を含む3名が死に、4名が怪我を負ったとの報道がありました。

34歳と50歳の男性と38歳の女性がこの事件で亡くなったと伝えられています。

WS000822.jpg


普段はとても過ごしやすく平和な国オーストラリアですが、

今回の事件は本当に残念で悲しいですね、、、


オーストラリア産、本物の生わさびを販売!

オーストラリアで本物の生わさびを販売している店

少し前の記事でも紹介した場所なのですが、

昔の記事⇒生わさびを求めて、、

数か月ぶりに訪れてみたら、なんと本物のわさびが売っていました。
WS000658.jpg


小さなパックに真空パックで詰められているので、誰でも少量で購入できますね。

量はおそらく100g~500gの間でそれぞれ小分けされているのですが、

やはり値段が高い!!

タスマニア産のわさびですが、1kg$210です!!

100gで購入したとしても、ほんの少しで$21もします(゜レ゜)
だいたい4~5人前の量ですかね。


それでも、オーストラリアでは本物のわさびを食べることができるレストランは数少ないので、どうしても食べたい!って方は買ってもいいと思います。

その他タスマニア産では、
Horse Radish (セイヨウワサビ)やSalsify (セイヨウゴボウ)も売っていました。
WS000660.jpg


ただ、不定期に仕入れるので、
あと季節なども関係するので、いつも店に置いてあるかどうかはわかりません。

あと、この店は日本の食材でヨーロッパに輸入したものをオーストラリアに取り寄せたりしているので、
珍しい食品がたくさんありますが、どれもかなり高いです。

フォワグラもありました。
WS000659.jpg


ただ、普通に売っていないものがたくさんあります。
今回、白いバルサミコソースを初めて見ました。

WS000663.jpg

店員さんもかなりのおすすめ人気商品らしく、私自身も興味があったので買いました。
内容量は25clと書かれており、つまり250mlです。これで$22です。

以上!

また面白い食材を発見したら報告します。

遅れてやってきたサンタクロース

この時期は忙しいので、記事をなかなかあっぷできません。

ですので、クリスマスは終わったのですが、写真をアップします。

べつに大したことないです。

とあるバーの「みざる・いわざる・きかざる」スリーモンキーってバーのおサルさんたち。
WS000425.jpg

なんだかかわいいサンタグッズ1
WS000426.jpg
なんだかかわいいサンタグッズ2(とあるレストランにて発見)
WS000428.jpg

ハーバーサイドでサンタ軍団の後ろ姿を盗撮しました。
WS000427.jpg

グルテンフリーエキスポ2013に行ってきました(^O^)/

ついに!今週は待ちに待った
「グルテンフリーエキスポ2013」
に行ってきました。

WS000299.jpg


シドニーのオリンピックパークという2000年のシドニーオリンピックが開催された場所の会場の一つで行われたのですが、
電車で行くと交通の便が悪い悪い、、、シドニー中心地から1時間くらいかかり、
ほとんどの人は車で来てました。

会場はそこまで広くなく、入場料も無料なのですが、
どれだけの人が来るんだろう、、?どんな人が来るのかなー?と行く前はいろいろ想像してました。

オーストラリアで100人に一人はセリアック病というグルテンアレルギーの人らしく、そのセリアック病の人の75%は自分がその病気ってことを知らないらしいのです。

詳しくはこっちのサイトに書いてあるので見てください。

☆グルテンフリーとは?

で、、



実際、入ってみると普通の人ばかりです。(あたりまえか、、、)
WS000306.jpg

体に何らかの特徴のある人を見つけるのかなーとも思いましたが、そんなことは全くなく、
気付いたと言えば、やたら子連れが多かったです。

あと、アジア系の人は少なかったように思います。
実際、日本人はおそらくほぼ来ていないだろうと思います。

WS000304.jpg

WS000303.jpg


開場は朝9時からで、私は10時前には入っていましたが、結構人がたくさんいて、11時ごろにはわんさかごった返している状態でした。

やっぱりオーストラリア、グルテンフリーに関心のある人は多いみたいですね。

グルテンフリーエキスポなだけあって、ほとんどが食品の紹介でした。

お菓子など、試食し放題なので、子供には最高の場所かもしれません^^

まあ、逆に食品以外で何があるんかいな!?って話ですが、

食べ物以外では

・グルテンフリーについての基礎知識を教えるコーナーや資料の展示だったり、
・グルテンフリーのレシピ本の販売コーナーや
・セミナーみたいな感じのグルテンフリー料理のデモンストレーション
・野菜ジュースを作るミキサーや包丁の販売のコーナー


がありました。
WS000305.jpg
↑グルテンフリー料理のデモンストレーションの様子(しょぼい!?)↑


特に、チョコレートやクッキーなどのお菓子。次にパンなどの食品の展示や試食が多かったです。

とにかく試食ばっかりなので、一通り回るだけでかなりお腹いっぱいになりました。

ところどころに、野菜ジュースやグルテンフリーのビールもあって、試飲もたくさんできるので、特においしい野菜ジュースやビールなどは何回もおかわりしました^^



そこまで広いとは言えない会場でしたが

所狭しとたくさんのグルテンフリーだけの食品が見ることができるので、セリアック病の人にとっては気にせずなんでも食べれる最高の場所なのかなーとも思いました。

今回、グルテンフリーエキスポで、特に収穫になったのが、

めっちゃ個人的で申し訳ないのですが、

「ビール」「グミ」「キサンタンガム」の3つです。

番外では「ブロッコリー野菜ジュース」が超うまくて、かなり気に入って1リットル×3本も買っちゃいました。

まずビールは普通のパブでは一度も見たことのないビールでした。普通においしかったです。
WS000308.jpg

WS000302.jpg

次にグミは、売っている所は3か所ありましたが、すべて納得のいくグミではありませんでした。
WS000300.jpg

WS000301.jpg


なんと表現すればいいのか難しいですが、ただ固いだけで弾力がなく歯にくっつくものだったり、ふつうにまずかったり、、っていうので。せっかくのグミ好きにとっては残念な結果に終わりました。

最後に「キサンタンガム」ですが

というか「キサンタンガム」ってなに?ってひとがほとんどだと思うので説明します。

これは、増粘剤の一つで、粘りやとろみをつける事ができる粉です。

たとえばカレーやシチューには、グルテンを含む小麦粉がたくさん入ってます。そしてその小麦粉がないととろみがつきません。
それをグルテンを含む小麦粉を使わずとろみがつけられるのが「キサンタンガム」です。

これは私の最近はまっている料理に近いので、こちらのサイトに書いておきます。

☆キサンタンガム記事



以上
グルテンフリーエキスポの感想でした。

最後に、オーストラリアの中だけになってしまうかもしれませんが、
ここで見つけたり出会ったりした、グルテンフリー食材のサイトを紹介したいと思います。


◆Coeliac Australia

◆ヨーグルト

◆グルテンフリービール

◆グルテンフリービール2

◆グルテンふりーアジアン調味料&レシピ

◆グルテンふりーアジアン調味料2

◆タイ料理

◆色々調味料(醤油とかもある)

◆せんべい

◆お菓子やチョコ、マシュマロ

◆ソーセージ

◆グルテンフリーパン
プロフィール

はりぃ

Author:はりぃ
プロフィール

オーストラリア在住の料理人です!

”深夜”なのに意外と”明るい”お話しが多いですが、、、

なぜ”深夜食堂”かと言うと、
昔ドラマでやっていた「深夜食堂」が大好きなのと、

職業柄ブログを書くのがいつも”深夜”になるためです。

あと誰でも気軽に訪れてくれたらいいな~と思い”食堂”にしました。

それでは「シドニー深夜食堂」お楽しみください!

海外生活・食べ歩き情報、料理、雑学について語ってるよ~\(^o^)/



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村




トリップアドバイザー
シドニー深夜食堂がおすすめブログとして掲載されたよ!\(^o^)/
4トラベル
フォートラベルさんの「シドニーおすすめリンク」に掲載されました(*^。^*)
シドニー旅行・ホテルのクチコミ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
本格料理サイト
料理好きのための総合サイト↓↓↓

創作料理研究所CCL


<シドニー深夜食堂の人気キャラクターが本になりました!!(^^)/>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
プレゼント・お買いもの
プレゼントアイデア集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。