>↓↓↓★まずは無料講座で飲食店の売上アップ★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』のおためし↑↑↑

天ぷらレポート グルテンフリー
↑↑↑◆WCBギャラリー 無料でお得な情報をゲット!!◆↑↑↑   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニーでの飲食の求人や面接

求人をする場合、いくつか方法がありますが、

私は無料の求人サイトを使った求人、
知り合いの紹介、
口コミ、

ですね。

他には仕事を探している人が、直接店に来たり、電話したりってのも有ります。

日本食の店ってことでやはり応募してくるのはアジア系の方が9割以上占めます。

シドニーは物価も高いといこともあり、
従業員に支払われる最低賃金も結構高いです。

毎年変わったりしますが大体$15.5ですかね。

総合的にみるとそこまで高いとも思いませんが、

これが最低なので、

ちょっと経験あるって人は軽く$20行きます。

スーシェフ(副料理長)、ヘッドシェフ(料理長)クラスは$30-40以上ってのもざらです。

結構すごいですよね。

ローカルででかい組織はそんなことできますが、
個人店などはそうもいきません。

なので経営者は人件費は頭の痛い悩みの一つです。

最近でも最低賃金以下で雇っていた従業員から告発され、
給料底上げしたレストランも有ります。

特に、現地の人を雇ってない
ワーホリ、学生
がはたらいているアジア系レストランには多い傾向です。

とはいっても最初から給料でどうこう言う人がいるんですよ。

特にアジア系のこっち(日本以外)で日本料理やってましたって言う自信満々な人。

とりあえずいままで数多くのそういう方を見てきましたが、

100%いいねって思う事はないです。

むしろ、これくらいでよくそんな自信満々に言えたもんだな―と感心します。

私なら恐れ多いです。

なのでこてんぱんに絞めます。

あといるのが日本で料理やってましたって言って、
海外の日本料理を若干なめてくるやつ(私もそうでした)。

こういう人は半々ですね。
「あーやっぱちゃんとしたとこで修行したんだなー」
って思う人もいれば、

「日本でやってたよね、、!?」
って人もいます。

でも日本人は低姿勢ですし、
なめてます感も心では思ってても出してきません。

それよりも学ぶ姿勢の方が強く感じられるので
とても印象が良い方は多いです。

最近の傾向では女性の方が
モチベーションが高く、仕事ができる方が多いように感じます。
・・・男は草食系!?

それとは別で、次に日本人でも日本で経験がなくこっちでしか料理をやったことがない人が来るときです。

これもやはり思う事は、
その人がどういう考えで取り組んで、
いい先輩、上司にめぐまれたかによるのかなと思いました。

むしろ中途半端に日本で料理してる人よりもすごく一生懸命です。

そういう子たちも日本でやってきた私たちが教えて、
できるようになるのですが、
共通して言えることは、

“日本で料理人としてやるのが怖い”

ですね。

こっちで頑張っている人ほどその傾向は強いと思います。

私からすればその精神であればどこでもやっていけるよって思うのですが、
なかなかそこが自信持てないみたいですね。

かわいそうですが、、。

私も日本でやってこっちでもやってきてますが、
常にいつでも日本に帰っても周りの人たちに負けない根性は持ってると思います。

ただ同期で日本でばりばりやってる仲間には追い付くのは大変だな―とは思いますが、それは料理面、技術面であって、

今の私には他にも飲食に関する知識、経験を積んできてるので、
そちらの方向で強みを生かせたらいいなと思っています。

結論は人種問わず、好奇心旺盛で、料理が好きで、ちょっと謙虚で、でも周りが見れる。

そんな子はみてて可愛いです。

自分のモチベーションもあがりますしね。
スポンサーサイト

料理人として上の立場になる

料理人は体力仕事です。
上の立場になればなるほど、
体力を使う仕事が減り、逆に頭を使う仕事が増えていきます。

新米の時でも頭使って仕事してるよ!!
って言われるかもしれませんが、
もちろんみんな頭を使いながらからだも動かして仕事しています。

ただ“責任”というものが上になるにつれ増えていきます。

これに関してはどの仕事も同じですが、

料理人のように無意識で体を動かしながら、
頭は違う事を考えているというスタイルの職業の方は、
何かの機会に事務職に就いた時にとても簡単だという印象をもたれることが多いようです(実際はちょっと違うんですけど)

ちなみに分かっている人にとっては当たり前のことですが、

責任が大きくなればなるほど、

役職も高くなり、
給料も高くなる、
その分自分にかかるリスクも大きくなる

っていう仕組みです。

若い時はひたすらに頑張り、無我夢中で働く時もありますが、いずれこのように考える時が来るでしょう。
どんだけ上から目線やねん!って思われるかもしれませんが、
私の経験上そう思います。

さて、その内容ですがまず挙げられるのが

• 新人スタッフの指導
• 検品、発注、仕入れ、在庫管理
• 器の在庫管理、チェック
• 日本料理について十分な知識がある
• 料理の説明ができる
• 食材の産地、特徴を説明できる

から始まり、、
 さらに責任がついてくると、

• 食材の品質、在庫の管理、ロスをなくす
• スタッフの指導、教育
• フードのメニュー、裏メニューをすべて(値段、材料など)把握している
• ドリンクの種類や値段、提供方法などを知っている
• 新しいメニュー、プロモーションの考案
• メニューの作成
• 食材、メニューの原価管理
• 仕入の管理、チェック
• 原価と売値の判断ができる
• 利益を生み出すことができる

さらにさらに!!

• シフトの作成
• スタッフの体調管理、状況把握、スケジュール管理
• 人事、面接、採用、給与判断
• 業者への確認、電話、クレーム、値段交渉
• お客様からのクレームなどの対応、責任
• 料理の仕込み、出来上がり、調理法等に関する責任と指導やチェック
• 後輩への仕事の分配、役割などの配分の決定
• 店の衛生管理、チェックと責任
• 食材や調理道具、備品の買い出し、判断、確認
• 現存の業者、新しい業者との交流、食材の開拓
• 団体予約の仕込みや段取りの指導、管理
• スペシャルメニューの作成、決定、値段設定、原価計算
• 棚卸の算出、計算
• メニューオーダー数の管理、今後のメニュー構成、変更
• 目標客数、目標売上を超えるための、取り組み、考案
• ミーティング内容の報告、
• キッチン内での意見調整、伝達、統一
• 忙しい時や緊急事態の時の対応や判断、決定
• ホールとキッチンの意見調整、仕事の伝達、報告

などなど、書いたらきりがないですが、いっぱいあります。
どんな仕事でもそうですが。重役クラスはやることがいっぱいです。
ここら辺できれば、余裕で料理長クラスですよ。(#^.^#)

下っぱの頃って、

「いいなー料理長は楽そうで」
「遅く仕事に来て、早く帰るのっていいなー」

って思う事あるかもしれませんが、

気づいてないところで、こんなにたくさんのことをやったり、責任があるんですよね。

若いころに料理にひたすら集中できるのも、先輩方のおかげです(^^)

“料理人”

料理人って変わってる人多いですよね(-_-メ)、、、

なんていうか一般の人とは全然違った価値観だったり、
頑固な人多いし、まわり見ずに一点集中!!てきなイメージあります。。。


特に年配の方に多いのですが、
やっぱりそういう厳しい世界で生き抜いたっていうバックグラウンドなのか、
負けず嫌いなのか、、、

でも自分も和食の料理人で、
少なからず世間から言う厳しい!っていうとこで修行してきたのでよくわかります。。。


実際、私も昔はそうでした(-_-;)

変な奴って思われてました、、(今も!?)

ただ決して悪い意味ではなく、良い意味でとらえてほしいです。

一途っていうか、子供っていうか、、

私が見てきた中でも、この人すごい!っていう料理人はどこかズレてます。

でもものすごく尊敬もできるんですよねー、、

やっぱりセンスもいい!って思います。


それだけ料理に集中して勉強してるってのもありますし、

周りが映画見に行ったり、テレビ見たり、カラオケ行ったり、、
って時もひたすら料理!料理!料理!って人、結構います。

やっぱり好きなんですよねー料理が、、って思います。


私の住んでいるシドニーでも同じく、
日本人だろうが、中国人だろうが、ウェスタン(西洋人)だろうがどの人種でも似たような人はいます(^^)。


オーストラリアでのテレビ{MASTER CHEF}っていう番組(料理の鉄人に似たもの)がとても人気で、この影響で料理好きが増えたらうれしいですね
プロフィール

はりぃ

Author:はりぃ
プロフィール

オーストラリア在住の料理人です!

”深夜”なのに意外と”明るい”お話しが多いですが、、、

なぜ”深夜食堂”かと言うと、
昔ドラマでやっていた「深夜食堂」が大好きなのと、

職業柄ブログを書くのがいつも”深夜”になるためです。

あと誰でも気軽に訪れてくれたらいいな~と思い”食堂”にしました。

それでは「シドニー深夜食堂」お楽しみください!

海外生活・食べ歩き情報、料理、雑学について語ってるよ~\(^o^)/



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村




トリップアドバイザー
シドニー深夜食堂がおすすめブログとして掲載されたよ!\(^o^)/
4トラベル
フォートラベルさんの「シドニーおすすめリンク」に掲載されました(*^。^*)
シドニー旅行・ホテルのクチコミ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
本格料理サイト
料理好きのための総合サイト↓↓↓

創作料理研究所CCL


<シドニー深夜食堂の人気キャラクターが本になりました!!(^^)/>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
プレゼント・お買いもの
プレゼントアイデア集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。