>↓↓↓★まずは無料講座で飲食店の売上アップ★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』のおためし↑↑↑

天ぷらレポート グルテンフリー
↑↑↑◆WCBギャラリー 無料でお得な情報をゲット!!◆↑↑↑   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ歩き at Lumi Bar

ここ最近で一番面白かったレストランです。

何が面白いのかと言うと、
和とイタリアンの合わせ方が上手で、
日本人の発想にはないような料理が出てきました。

この料理は海外ならではの体験だと思います。

さて、このレストラン
場所はシドニーのPyrmontにあり、家から徒歩10分もかからない場所にあり、
Starカジノの目の前のワーフ(ボートの停泊している海沿い)にあるパッと見はレストランだとはわからないような場所にあります。

ここのシェフは、有名どこのレストランの修業経験があり、
日本の龍吟でも働いたことがあります(日本人ではありません)

という理由もあってか、コース料理の中にも結構“和”が入っていました。

個人的に一番使えそうだったのは、チーズと和の食材の融合で、
海外ならではの発想での組み合わせだなーと思いました。

そして働いているスタッフは、ほとんどが30歳以下という
若い世代のチームで構成された勢いのあるレストランです。

オーストラリアのレストランランク(ミシュランみたいなやつ)で
2ハット(最高は3ハット)を取っているので、
レベルは高いです。

コンセプトが“気軽に楽しめる”というのもあり、
そこまでかしこまった雰囲気でもなく、結構ラフな服装でも大丈夫そうなお店でした。

ということで、見ていきましょう。

ディナーの料理は8品のコースのみです。

最初は生ガキ
WS000023.jpg



これは追加でオーダーしたもので、シドニーのレストランでは定番でもある
コース料理の先付け的な役割で、だいたいの店で勧められます。

一つはPlain(そのままレモン汁のみ)で、もう一つはWith Dressingで1pcずつお願いしました。
このドレッシングがとても美味しく、アップルヴィネガーや胡瓜や玉ねぎを細かくさいの目に刻んだものが入っており、生ガキとものすごく相性が良かったです。


次にコースの1品目
Snacks
WS000025.jpg

スナックには、鰹節の粉が振りかけられています。
そして、ムール貝の天ぷら
ヤング(BABY)コーン
WS000024.jpg


このBaby Cornは、今まで食べた中で一番甘味があり美味しかったです。
しかもこの状態で出てくるというプレゼンテーションも素晴らしい!

Chawanmushi
冷製茶碗蒸し

WS000026.jpg

イタリアンということで、トマトの出し汁がかかっています。
茶碗蒸しにもチーズの風味が感じられます。

普通に美味しいです。


WS000028.jpg

Tuna
Stracciatella(イタリアのチーズ), Tomato, Perilla Oil
WS000030.jpg
WS000031.jpg


ツナの中にチーズが入っています。
さらに海苔の佃煮、ドライトマト、トマトの出しゼリー、ディルの組み合わせがGoodです。



Beetroot
Black Sesami, Goat Cheese

WS000033.jpg
WS000032.jpg

ビートルートとチーズと黒ゴマ
今回のコース料理の中で一番うまいと思ったのがこれです。

このコンビネーションがすごいと思いました。
ビートルートにゴートチーズはわかりますが、ここで黒ゴマを合わせてくるところが
ビックリ!

でも、めちゃくちゃ美味しい。
ビーツは柔らかく焚いてあり、ゴートチーズもソースとして使われていました。
そして黒ゴマは、泡だし器を使って、ムース状にして盛り付けていました。
そしてチャイブの刻んだものを振り掛けてあります。


Agnolotti
Tomato, Caper, Parsley Flowers

WS000035.jpg
WS000034.jpg

これも衝撃です。
中国の小龍包のパスタ版のような感じで、
パスタ生地のなかに、トマトの出しが入っていて、
食べると中からおいしいトマトだしが出てきて
新食感パスタです。
こんな不思議なパスタは初めて食べました。


Tagliolini
Moreton Bay Bug, Kumquat, Lemon Thyme
WS000037.jpg
WS000036.jpg
バルメインバグのパスタ
日本名でうちわえびと呼ばれるカニです。

Lamb
Red Miso, Heirloom Carrot, Lime Kosyo

WS000038.jpg
WS000039.jpg

9時間煮込んだ
とろっとろで柔らかかったです。

このあたりで調理場からモクモクと煙が出てきたかと思うと、
なにやら液体窒素を使って、カシャカシャ混ぜていました。

調理場風景
WS000043.jpg



デザート
Strawberry
Yoghurt, Watermelon, Mountain Pepper
WS000040.jpg


Fennel Pollen
Frozen Coconut, Rhubarb
液体窒素で瞬間シャーベットを作っていたのだと思われます。

WS000042.jpg
WS000041.jpg



以上、とても満足でした!

コンテンポラリーイタリアンでは、NO1です!

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

はりぃ

Author:はりぃ
プロフィール

オーストラリア在住の料理人です!

”深夜”なのに意外と”明るい”お話しが多いですが、、、

なぜ”深夜食堂”かと言うと、
昔ドラマでやっていた「深夜食堂」が大好きなのと、

職業柄ブログを書くのがいつも”深夜”になるためです。

あと誰でも気軽に訪れてくれたらいいな~と思い”食堂”にしました。

それでは「シドニー深夜食堂」お楽しみください!

海外生活・食べ歩き情報、料理、雑学について語ってるよ~\(^o^)/



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村




トリップアドバイザー
シドニー深夜食堂がおすすめブログとして掲載されたよ!\(^o^)/
4トラベル
フォートラベルさんの「シドニーおすすめリンク」に掲載されました(*^。^*)
シドニー旅行・ホテルのクチコミ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
本格料理サイト
料理好きのための総合サイト↓↓↓

創作料理研究所CCL


<シドニー深夜食堂の人気キャラクターが本になりました!!(^^)/>
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
プレゼント・お買いもの
プレゼントアイデア集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。